痩せるために必要なことまとめ〜ダイエット奮闘記〜

夜中の間食はなぜ太ってしまうのか

 

どうしてもお腹がすいて、夜中に何か食べたくなる。残業などで夜食をとることがある。など、夜遅くに何か食事をとることが多くなってきた現代人において、肥満度が上がってきている事実があります。では、何故夜遅い時間の食事が太ることに繋がるのでしょうか。

 

夜遅くに食べると、その後のエネルギー消費が少ないために、脂肪として蓄積されやすくなることが、太る原因とされています。食べて、すぐに睡眠に入るような生活が続くと、一気に太るということもあります。このとき、太る要因になるホルモンがあります。それを、「BMAL1」といいます。このBMAL1は、脂肪を蓄える体内の酵素を作りだし、逆に脂肪を燃やす酵素を減らすように、体に命令を下します。それにより、脂肪の溜まりやすい体になってしまいます。BMAL1は、夜10時をすぎると体内で増えてその量がピークをむかえます。それにより、その時間帯に摂った食事は、脂肪として体内にたまりやすいという結果をもたらすのです。

 

ですが、どうしてもお腹が減ると眠れなくなったりして、ストレスになります。それはとてもよくないことなので、暖かいスープやホットミルクに少しのハチミツなどを入れて飲んでみましょう。不思議とお腹が落ちついて、満足感を得られます。空腹と、食べる時間帯、それらとうまく付き合っていくことも大切なのです。

 

全身脱毛ラボ


  • 童話
  • ページランク順掲載サイト集|netnavi.biz
  • 自動相互リンク集GF